FC2ブログ

それぞれ6

『あんた親の恩を忘れている!』
 朝一番叫ぶように携帯がかかってきた。母だ。携帯を掛けて来たのは初めてだ。父が断れなくて携帯を教えたのだろう。10分ほど喚き散らして切った。
「大変ねひろし君も」
 かえでが布団から顔を出して言う。病院で母を見ているからよく分かるようだ。最近はセックスを私の方が控えている。やはり見ていて調子が良くないのだ。
「店は当分休んだら?」
「それは言わない約束よ。私は精一杯余命を頑張る」
「分かった」
 最近かえでは朝私と同じに起きて朝食を食べる。それから寝ずにブログを描いている。私の方が追い付けないでいる。なぜかひどく急いでいるように見える。
「昨日店でお父さんに会ったよ」
「ああ、店で雇ってもらったのだ」
「たまに抱いてあげようかな。ひろし君が抱いてくれないから」
「ダメだ」
「それと雑誌社から今の新作課金にしたらどうだって?」
「課金?」
「有料にするって」
「見てもらえるのかなあ?」
「大丈夫だって」




スポンサーサイト

テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

コメント

非公開コメント

ページトップへ
プロフィール

yumebito86869

Author:yumebito86869
もう記憶の中で小さくなってしまているが、
小さい頃病院で隔離されていた時期があった。
その時隣部屋にかえでと言う毛糸の帽子を被った少女がいた。
童貞を失ったのもかえでだ。
何もかもう失った時、私はすみれとして彼女と再会した。
また短い時間だったが私の中で一生光り輝いている。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR