FC2ブログ

すみれ9

 徐々に引継ぎが始まっている。だがまだ近場が中心で自転車で走っている。もう半月が経つのに父からは就職が決まったという連絡はない。それで心配になって10時にマンションに行くと伝えた。
「お金いけてるの?」
「預金を送ってもらったから」
 これは嘘だ。
「それにチラシを配る仕事を繋ぎでしている」
 それでも給料から3万を出して置いて帰った。今日は7時に平さんから飲みに誘われている。呼ばれた先は飛田の表通りの裏の路地にある小料理屋だ。
「若い人ね?」
 30歳くらいの女将だ。部屋はカウンターだけで10席程度だ。
「ここは働いている女や常連が来る。この裏通りから店にも入れる」
 確かに化粧した顔見せに並んでいるらしい女の子が軽食にビールを飲んでいる。
「この子は沖縄から来た私の親戚の子やがクォーターや」
「私の旦那様よ」
 親子ほど違う。
「この店は?」
「私が10年前に買った。20歳の時に訪ねてきて顔見せで働くと言うのでここでアルバイトで雇った。それが男と女の関係になった」
「奥さんと子供は?」
「42歳の時に別れたわ。出世しないとな。こういう生き方もある幸せだわ。みんな隠れた自分を持っているんや」
 3歳くらいの女の子が平さんの手を引っ張っている。すみれである私もそうだ。
 9時半におかんの店に行くともうかえでがおかんと楽しそうに笑って話している。






 



スポンサーサイト

テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

コメント

非公開コメント

ページトップへ
プロフィール

yumebito86869

Author:yumebito86869
もう記憶の中で小さくなってしまているが、
小さい頃病院で隔離されていた時期があった。
その時隣部屋にかえでと言う毛糸の帽子を被った少女がいた。
童貞を失ったのもかえでだ。
何もかもう失った時、私はすみれとして彼女と再会した。
また短い時間だったが私の中で一生光り輝いている。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR