橙の電車3

 伝染病棟は他の棟から隔離されているだけでなく、各共同部屋にも自由に入れない。とくに重症患者がいるナースステーションの近くには近寄れない。だがかえでも私も比較的出入りが自由な部屋にいる。二人とも8人部屋でカーテンだけで夜は仕切られる。私の部屋は年配の人が多い。
「これ何?」
 かえでが私のベットを見つけてやってくる。
「紙人形や」
「何するの?」
 私はいつものように食事用の階位テーブルに紙人形を並べてぶつぶつ言って人形を動かす。
「これは忍者だよ」
「だから黒い色なのね?ひろしには兄弟がいる?」
「妹がいる。この病気は妹もうつったけど、半月で治ってここから出た。それを貰った菌が強かったと。それよりあそこに行こう?」
 一日に一度はここで橙の電車を見ないと落ち着かない。
「かえでは?」
「ああ、私?私は独りっ子よ。1か月に2度おばあちゃんが来る。この話は今はしたくないんだな」
 私はいつもの橙の電車の電車を描いている。
「私ね、そう長く生きれないのよ」
「どうして?」
「ここの医者が入院した時におばあちゃんに話していたわ。でもそれより長く生きているわ。ひろし勉強しているんだね?」
「ああ、5年生の教科書を貰ってきたって」
「私なんて勉強しても将来がないので」
 何と悲しい目をしているのだろうか?










スポンサーサイト

テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

コメント

非公開コメント

ページトップへ
プロフィール

yumebito86869

Author:yumebito86869
もう記憶の中で小さくなってしまているが、
小さい頃病院で隔離されていた時期があった。
その時隣部屋にかえでと言う毛糸の帽子を被った少女がいた。
童貞を失ったのもかえでだ。
何もかもう失った時、私はすみれとして彼女と再会した。
また短い時間だったが私の中で一生光り輝いている。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR