橙の電車8

 新しい試みは二人をわくわくさせた。梅雨になっても毎日画帳を交互に回す。病院の外には広大な草原があって毎日冒険を繰り返す。だが今日は次の1ページを書けなくて白紙のままだ。今日はかえでは検査があって昼を済ませて非常階段に来た。初めてのピンク色の帽子だ。
「書けなかったでしょ?」
 私は黙って俯いている。
「秘密基地を教えてあげる」
 腕を引っ張ってナースステーションのところまで来て、その隣の部屋をノブを回して私の手を引っ張る。
「ここは仮眠室よ。中から鍵をかけるようになっている。ほら今閉めたから外は赤の色になっている。この後ろのカーテンの中に入って?」
 ベットが1つだけある。
「私がここを見つけたのは2年前。私のところの部屋の人がここに今位の時間に入ったの。この時間は看護婦さんが休憩に入るの。今から声を出しちゃだめよ」
 30分するとパジャマ姿の私と同室の40歳くらいの男性が入ってくる。ほとんどその後顔見知りの看護婦が入っている。かえでの手が私の手を握っている。
 看護婦は鍵を閉めるとピンク色の白衣を脱ぐと男のパジャマを下げて顔を埋める。かえでの手が熱を帯びている。5分ほどで顔を上げるとはっきりと反り切ったものが見える。大人のものはこんなにも大きくなる!裸のお尻がその上に重なる。押し殺した声がして20分ほどで看護婦はもう白衣を着る。男は1万札を渡して後から出て行く。
 かえでも私も黙ったまま外に出る。
 前日のかえでの絵はこの部屋の絵だった。ただ森の中にあった。そこに『私は何でも知りたいし何でも死ぬまでにしたい!』とか書いてあった。





スポンサーサイト

テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

橙の電車7

 微熱が出た。
「うつすことはないが、まだ菌が残っているみたいだな」
 1か月に一度診断をしている医者が独り言を言っている。
「今日はベットで寝ているのよ」
と看護婦が部屋に連れて帰る。
 しばらくしてかえでの毛糸の帽子が入口から入ってくる。
「来ないから迎えに来た」
「熱が出ている?」
「私なんかしょっちゅうよ」
「だけどうつらないって」
「私もうつらないわよ」
 かえでは私のベットに腰かけて新しい画帳を見せる。
「6冊目?」
「提案があるのよ」
 目がキラキラしている。
「私とひろし君が物語を交互に書くの」
「絵は描けないよ。橙の電車しか」
「えは私が担当する。考えただけでわくわくする。まず今から1ページ目を私から書かせて?」
 それから黙って2時間ばかり文章と絵を描く。かえでの書き出しは病院から抜け出して外に出るという話。ひろしとかえでが描かれている。かえではいつもの毛糸の帽子を被っている。








テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

橙の電車6

 夢の中でかえでの物語の中にいた。山の中で一人で暮らす少女が王子様を待っている。毎日森の動物たちと遊んでいる。1枚の絵を見ているだけで色々なことを思い浮かべる。かえではこうして何年も病院の中で一人で生きてきたのだ。子供ながら胸が熱くなる。
 この熱さは何なのだろう。今日は珍しく母が朝から来ている。着替えを鞄に入れ替えている。
「勉強はしている?」
「ええ、はい」
 私は母が苦手だ。妹が出来てから私は常に2番手になった。今回も妹が伝染病にかかって私にうつしたが、妹が軽いと分かったあの時の母のほっとした顔を今も覚えている。
「また橙の電車?いい加減卒業して勉強しないと妹に負けるわよ」
 部屋の入り口にかえでが立っている。母が帰るまで毛糸の帽子がゆっくり動いている。2時間ほどで小言を1か月分言い終わって帰っていった。かえでは無言で非常階段に向かう。
「ひろし君も大変ね」
「あの物語面白いよ」
「話変えたね?でもここにいたら外のことはどうでもいいのよ」
 もうすっかり桜は散っている。
「かえではお母さんは?」
「あの人は私を生んですぐに離婚して私はおばあちゃに預けられたきりよ。もう会わなくなって3年くらいになるわ。私は余計な子なの」
 余計な子か。いつの間にか妹に何でも負ける兄になっていた。







テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

橙の電車5

 朝ごはんが済んでもう画帳を持って非常階段にいる。常連の子供達の他に年寄りも出てきている。桜がもう散りかけている。かえでと桜を楽しみにしていたのだが今年はもうお終いだ。せめてクレヨンで見せてやろうと橙の電車と桜を描いている。すると白い指がにゅっと出てきて花びらを貼り付ける。
「やっと解放されたよ」
 かえでが楽しそうに笑っている。
「でも個室に入ると今回は帰れないという恐怖があるわ。家族はいつものことで見舞いも来ないよ」
「何度も部屋に行ったよ」
「姉さんが彼氏が毎日来ていたと言ってたわ」
 私の顔が赤くなったのでかえでが笑ってる。
「でも私を心配してくれる人ができたのね?」
 だが少しやせたようだ。それに肌が透き通るように青白い。
「私が漫画描いていたのを聞いたよね?読んでくれる?」
 ベットの棚にあった画帳だ。
「これね、病院に入った頃から描き始めた。1冊で終わると思っていたけどもう5冊目よ。でも誰にも見せたことがないの」
 二人で話していると周りが声も聞こえない。
「私は話す友達もいないので、この画帳にいろいろ話しかけて来た。この中にいるのはだからもう一人の私なの。この子は私の代わりにどこにでも行けるし彼氏もいる」
 かえでの目が輝いている。




テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ

橙の電車4

 ここ3日かえでが姿を見せない。彼女の部屋に行ったがベットは綺麗に畳まれている。最近何度も来ているので隣のベットの若い女性が覚えてくれている。
「彼氏ね?かえでしばらく戻らないよ」
「・・・?」
「3年隣同士だけど、2月に一度の割で個室に移されるの。どうも熱が出るようね」
 隣の女性は20歳くらいでかえでと同じように帽子を被っている。
「かえでおませなのよ」
とかえでの本棚から週刊誌を取り出す。
「これは私が上げたのだけどね、女性週刊誌だけどハードなことばかりよ。子供に見せるのはどうかな?」
 ここには男と女のセックスを書いている。裸の写真は父の机の上で見つけて母に取り上げられた経験がある。だが全く興味がない。
「かえではね、経験なく死ぬには耐えられないっていうのよ。でも私も同じ意見よ。私も結婚して子供も産みたいのよ」
 まだそんな話ができる間ではない。私は本棚に分厚い画帳を見つけた。
「それね、かえでいつも描いているわ」
 これは漫画だ。ちゃんと絵には吹き出しが付いている。
「それで5冊目だっていうわ」
 漫画を描くのか?
「読んでいいけどかえでには私が見せたって言わないこと。私彼女とはいい友達でいたいから」
「はい。内緒にします」








テーマ : ファンタジー小説 -- ジャンル : 小説・文学

ページトップへ
プロフィール

yumebito86869

Author:yumebito86869
もう記憶の中で小さくなってしまているが、
小さい頃病院で隔離されていた時期があった。
その時隣部屋にかえでと言う毛糸の帽子を被った少女がいた。
童貞を失ったのもかえでだ。
何もかもう失った時、私はすみれとして彼女と再会した。
また短い時間だったが私の中で一生光り輝いている。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR